若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 手術の日のこと(3)

<<   作成日時 : 2007/11/21 14:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

「手術の日のこと(2)」からの続きです〜♪


むかーし、別の病気で、別の病院にて手術を受けたときは、
病室で背中に注射(安定剤?)を打たれてから、
ストレッチャーで手術室まで運ばれたんですけど。。

最近は、てくてく歩いて、自分で手術台まで行くんですね。

あのときは背中の注射が痛くて痛くて、手術が不安で
いい大人が、泣きながらストレッチャーに乗せられ、
手術台まで連れて行かれたことを思い出し、
数年しか経っていないのに、ずいぶん変わったんだなー、と思いました。

手術室の自動ドアを入ってすぐ、着ている病院着を脱いで
手術用の服を着ました。
割烹着の背中のボタンを留めないような感じで、
すっぽり身に付けたところで、看護師さんに、
「頭はどうします?」と質問を受けました。

カツラや帽子をかぶったまま手術も出来るということでしたが、
カツラについているゴムの締め付けもあるし、
思い切って脱いじゃって、シャワーキャップのようなものだけ被るという、
何ともマヌケな格好で手術台へと挑みました。

これって、髪の毛がある人用だと思うので、
おハゲの私には必要ないのではないかとw


そして、相変わらずてくてくと自力で歩いて、自分でスリッパを脱いで
手術台に上がって横たわりました。
「自分で歩いて来るのが、最近の流行なんですよー」
麻酔医さんに言われましたが(笑)
これってどうなのよww

なんか、これから始まることは、私の人生の中でもきっと
大きなイベントとなるであろうというのに、
あっという間に、肩に心電図を取る機械をつけられて、
あっという間に、点滴から麻酔を入れられて、
どきどきする間もほとんどなく、眠りに落ちました。

ただひとつ、気にかかることといえば、
麻酔を入れられたとき、3回無駄刺しされたところがヒリヒリしてきて、
おまけに、まず先に舌が麻痺してきたので、
まさかアナフィラキシー!?と、ちょっと心配しました。

だから、
「あー、腕が痛くなってきました・・・」
「なんか、舌がしびれて苦しくなってきたんですけど・・・」
「あ、でも、もうすぐ意識がなくなると思います・・・」
などと、
麻酔がかかるまでいきなり実況中継ww

こんなアホな患者、たぶんこの病院では
今までいなかったんじゃないかと思います'`,、('∀`) '`,、

ま、でも仮にまずい状況だとしても、
バイタルはチェックしてるだろうから大丈夫でしょw

そして、私は深い眠りに落ちたようです。


まだまだ続くよ(・∀・)


ランキング参加してみた。1日1クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
あっしは今年3月の手術のときも、病室からストレッチャーに乗せられて手術室に行きました。

この間に自分はこれから手術をするんだという覚悟ができたような気がします。

歩いて手術台に乗るのは、なんか味気ないような気がするんですがねぇ(笑)
よし
2007/11/21 21:19
ペコさん、こんばんは!
お体の調子はいかがですか??札幌はどんどん冬になってきちゃって、今日なんて結構寒いですよね。。傷は大丈夫でしょうか?
あ、初カキコです。フォーエバー札幌で10月に斜め向井に座っていた子宮頸がんのプアです。どーも。
あのあと入院、手術…おおきなことがあったんですね。
退院後少しはゆっくりできているといいのですが。。
私もブログに書きましたが手術前のこと今でも実況中継できるくらい覚えています。先生に内臓脂肪も取ってくれってお願いしたことも…(却下されましたが・笑)
歳が近いと思うのでなんか共通点あるかも。
8日にお会いできるといいですね。
お大事にしてくださいね。
プア
2007/11/21 21:45
こんにちは、ペコさん!初めまして。

私も病室からストレッチャーに乗せられて手術室に行きました。カツラや帽子をかぶったまま手術も出来なんていったい何の為ですかね?不思議ですが。
歩いて手術室に向かう方が『イザ出陣』って感じで覚悟出切るのかも。
でも、私なら歩いて行ったら途中で逃げ出しちゃうかもね。(笑い)

こころ
2007/11/22 13:08
ペコさん、初めまして
私は乳癌9年め、年齢もペコさんより随分上ですが
今日日記を読ませていただいて、共通点がありました。
私の家系も卵巣がんが多いのです。
しかも、私は研究に参加して検査を、受けました。
中々、同じ境遇の方がいなかったので
ペコさんとお話したいです。
みかん
2007/11/22 18:38
ペコさん、初めましてです。
そうなんですよね、そこの病院は患者に厳しく、自分で歩いて行くんですよね。
点滴を押して行く事に神経が行き、逆に手術室までドキドキしないで済みました。
私も全摘して、もうすぐ一年です。
再建も着々と進んで、ちょっと明るくなりました。
リハビリも頑張って下さい!
ぎょく
2007/11/22 21:46
>よしさん
あれ、やっぱりストレッチャーですよね(^^;
まだ体が動くほうだったので、気楽って言えば気楽ですけど、厳かにやって欲しいという気もしますね(笑)
ペコ
2007/11/23 13:06
>プアさん
手術からやっと2週間経ち、やっとどうにか体が・・・
というところなのですが、寒くなってきたせいか、
傷が痛くなるときもあります。。

内臓脂肪取ってもらった人の話は、昔入院したときに
聞いたことがありますね〜。駄目でしたか(^^;
8日は私も参加しますので、またよろしくお願いします(^^)
ペコ
2007/11/23 13:10
>こころさん
はじめまして!
やっぱりストレッチャー派が多いんですね(^^;
ですよねえ・・・(笑)
カツラの件は、私が歩いてきたから、たぶん手術が始まったらはずしてくれて、病室に戻るときにかぶせてくれるって意味だったのかもしれません。
いざ出陣!って雰囲気よりも、なんかこんな軽い感じでいいのかなーって疑問でいっぱいでした。
でも、逃げ出さないように看護師さんの見張りつきです(笑)
ペコ
2007/11/23 13:19
>みかんさん
はじめまして!
卵巣がん、怖いですよね。。
うちの母も、もう15年?ぐらい前に、当時横浜に住んでいたのに、新潟大学から「がんの遺伝の研究」といって、血液をわざわざ取りに来たのを覚えています。
私も調べてもらえばよかったな・・・(苦笑)
ぜひぜひ、いろいろお話しましょう〜(^^)
ペコ
2007/11/23 13:19
>ぎょくさん
はじめまして!
おんなじ病院なんですね!
ストレッチャーよりもかえって気楽に行けて、「そんなに大変なことじゃないんだよー」って雰囲気に感じましたが、症状が出ちゃってる人は大変ですよね・・・。
そういう人はストレッチャーなんですかね?
私も先生のOKが出たら、絶対絶対再建します!
これからもいろいろ教えてください〜m(_ _)m
ペコ
2007/11/23 13:22

コメントする help

ニックネーム
本 文

若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記



若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記
私の単行本です!!
ぜひ読んでくださいね♪

ウェブリブログおすすめ

BIGLOBEウェブリブログの
おすすめブログに紹介されました!→記事はこちら
手術の日のこと(3) 若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる