「日本対がん協会」とは朝日の関係団体でした。

財団法人日本対がん協会という団体について、
いったいどういう成り立ちなのか調べてみました。

すると、以下の事実がわかりました。。

なんと、新聞社創立80周年のときに記念で作った財団なんですって。
http://www.jcancer.jp/kyokai/sosiki/

(以下、引用)
協会の設立は朝日新聞社の創立80周年の記念事業だった経緯もあり、多くの企業・団体・個人とともに、朝日新聞社も協会の活動をバックアップしています。
(引用終わり)

へえー、朝日が仕掛けたピンクリボンで、患者からお金を巻き上げつつ、
儲けたお金は朝日の関連団体に「落ちる」仕組みなんだ・・・。
凄い構図ですね。

マッチポンプってこのことですね。

さらに何年か先になって、新聞
マンモグラフィーは早期発見には必ずしも役に立つというわけではない

とか、

若年性乳がんはマンモグラフィー検診での検出率が低い
とかって記事が出たら、さらに完全なるマッチポンプですよね(笑)

その日を楽しみにお待ちしております。。


ブロガーの皆様も、この「乳がん撲滅セミヌード問題」に関する記事を
ブログに取り上げた場合、ぜひ、乳がんと社会を考えるブロガー同盟
お題7」にトラックバックしてくださいね!
↓トラックバックURL(リンクじゃないですよ)
http://bcancer.exblog.jp/tb/7615545


ランキング参加してみた。1日1クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ人気ブログランキングへ

ケータイの人はこっちをクリック

"「日本対がん協会」とは朝日の関係団体でした。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント