若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 私たちの場合

<<   作成日時 : 2013/06/09 12:06   >>

トラックバック 2 / コメント 3

いつもペコのブログをお読みいただき、ありがとうございます。ポコです。

先週中に書くと書いておきながら、こんなに遅くなり、申し訳ありません。

既に告知されるとのことですし、今更ではありますが、
一例と言うことで、私たちのことを書いておきます。


私たちの場合は、ペコの心のうドレナージの手術が終わった数日後、
今後の治療方針のお話があったのですが、2人で話を聞いた後に、
旦那さんは少し残ってくださいということで、話を伺いました。

その時のペコによる記事はこちら

治療方針の話の際に、
「会いたい人にあって、やりたいことをするようにしてください」
と言われておりましたので、それに関連する話かなと思っていましたが、
結果そのとおりで、一般的には余命半年ぐらいというお話でした。


お話を聞いて、一般的とは言えど「半年か...」というショックと、
当面の話として約2週間後に控える香港旅行をどうする?ということがありました。

余命の話を伺うまでは、旅行は回復してから行けばいいかとも考えていましたが、
(本当に半年なら)次の機会はないかもしれないので行かせてあげたいという思いと、
今の状態じゃとても行けないという思いがありました(その段階では全く動けない状態でしたので)。


どちらにしても、ペコに話そうとは早い段階で決めていたと思います。

それは、ペコが病気のことを詳しく調べており、自分の状態を理解していましたし、
残される時間が限られるのなら、ペコなら自分で決めたいだろうなということ、
そのためにはペコが判断するための情報が必要だろうと考えたからです。


結果としては、奇跡としか言えない回復のお陰で、2週間後香港に行くことができましたし、
その後も、香港を含めて、何度も海外旅行に行くこともできました。
また、ペコの夢だった単行本も出版できましたし、2年以上生き続けることができました。

その意味で、私の場合は、余命を告げてよかったと思うことができています。


もちろん、余命宣告よりも短い期間しか生きることができない場合もありますし、
年齢でしたり、病気との闘い方によっては告知しないほうがいい場合もあるのだと思います。

だとしても、残されている命の時間の目安を知っておくことは、
やりたいことの優先順位を決めるためには大事だろうとは思います。


おつらいこととは思いますが、お気持ちを強くして、お母様を支えてあげてください。
お母様の平和で穏やかな日々が一日でも長く続かれることを、お祈りしております。



なお、長くなってしまい、今回は告知に関することについてしか書くことができていません。
その後のことについては、また別の機会に書くようにいたします。



ランキング参加してみた。1日1クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
私たちの場合 若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 23:45
エアマックス 95
私たちの場合 若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/10 05:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
http://www.youtube.com/watch?v=ghU-Lme8o8Q

きかれたことあったらすいません

つかれたときに
あい
2013/06/09 22:31
はじめまして…突然失礼いたします。

久しぶりにブログを覗いたらペコさんのブログをご主人がやっていらしたので…

私の母も昨年5月に乳ガンで旅立ちました。 母の看病をしている時にペコさんの日記を見つけ、何故か次はこうなるのか、と言う気持ちを持ちつつしっかりした気持ちを持つ事ができ余命宣告通りに逝ってしまいましたが… 毎日、結婚して離れていた時間を埋めるように たくさんたくさん話し笑いの病室でした。

乳ガンについての進み方が解らなければ、時間を無駄にしたでしょう… 悔いがないと言えば嘘になりますが本当にたくさんたくさん話しが出来て母娘として大事な時間でした。ペコさん有難うございます。

ご主人の日記を拝見して、私も同じ気持ちです… もう一年か〜? ただ毎日が過ぎてる感じです。一年も話もしてない? ウソ? と思う日々ですが…私達が元気でいないと怒られそうなので、私も一人の親として頑張って行きます。

ペコさんの日記有難うございました。
長々とスイマセン…
ママ
2013/06/09 23:33
当時の審心境を教えて頂き、ありがとうございます。それと同時に、告知の辛い状況を思い出させてしまって、申し訳ないです。。

抗がん剤治療を打ち切ってから、ものすごいスピードで、母の容体は悪くなっています。昨日主治医から、2週間持つか厳しい、と言われてしまい、凹むしかない状態です。
栄養剤の点滴を打つための二、三日の入院のはずが、その二、三日で固形物が食べれなくなり、脚が立たなくなり。。。
今は、声まで出なくなりました。
先月の今ごろは、母の誕生日で一緒にケーキを食べてたのに。。
県外に嫁いでしまい、週末しか母の側に居れないのがくやしいです。
もっともっと一緒に居たいのに。孫が生まれたばっかりだよ、お母さん。。

2013/06/22 17:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記



若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記
私の単行本です!!
ぜひ読んでくださいね♪

ウェブリブログおすすめ

BIGLOBEウェブリブログの
おすすめブログに紹介されました!→記事はこちら
私たちの場合 若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる