若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ペットホテル

<<   作成日時 : 2013/02/12 13:03   >>

トラックバック 1 / コメント 8

いつもペコのブログをお読みいただき、ありがとうございます。ポコです。

更新が滞ってしまい、申し訳ありません。
本当は先週末には更新できるはずでしたが、
電波が届かないエリアを列車が移動しているうちにパソコンが止まってしまい、
データが消えてしまいました(油断をして保存していませんでした...)。

帰りの列車はあまりに寒くて文章が書けず、遅くなりましたが、本日更新します。


今年度は、仕事の関係で釧路や稚内といった遠いところに行く機会が多くなっています。
午後からの打ち合わせなどであれば、日帰りで行って帰ってくることができるのですが、
午前からの打ち合わせやイベントの場合は、どうしても前日から入ることになってしまいます。

その結果、ピノをペットホテルに預かってもらう機会が例年より多くなってしまっています。
特に、この2〜3月は立て続けにそのような機会が生じてしまいます。
(2/9-10も釧路に出張に出ておりました)


ピノは、もともと人間が大好きですし、
ペットホテルの皆さんにもかわいがっていただいているようですので、
預かっていただくことについてはあまり心配していません。

ただ、ペットホテルに預ける機会が増えた昨年から、
預けられるということが分かると悲しそうな声を出すようになりました。
特にタクシーに乗るときはそうだと分かるようで、
乗ったそばから悲しそうな声で訴えてきます。

その声を聞くたびに、その立場だったら本当に悲しいだろうなと、
本当に申し訳ない気持ちになります。
自分が飼っていていいのだろうかと思うこともない訳ではありません。

以前帰りが遅いという記事を書いたところ、ブログの読者の方から、
ピノがかわいそうだから手放したほうがいいのではというメールをいただいたこともあり、
そのことを思い出したりもします。


ただ、ペコに気に入られてペコポコ家にやってきましたし、
ペコの生前は私たち二人を、ペコが旅立った後は私を支えてくれた大事な存在ですので、
その最期まで面倒を見るのが(見れていないかもしれませんが)、
私の役割だと思っています。

それ以前に、尻尾を振りつつ、まっすぐに私の顔を見るピノを見ていると、
穏やかな幸せな気持ちになりますし、一緒にいたいというのが正直な気持ちです。

さらに、そんなことをするとペコが怒り、また悲しむ顔が思い浮かびますので、
できるはずもありません。


仕事の関係でどうしても遅くなったり、ペットホテルに預けることがあったりしますが、
できるだけ早く迎えに行ってあげようと思いますし、
休みの日など時間があるときはできるだけ一緒に遊んであげようと思います。


下の写真は、ペコの「とくダネ!」の取材でお世話になったディレクターさんから、
ペコの命日に合わせてお送りいただきましたお菓子を前に「待て」をするピノです。

画像


お客様がいらっしゃると、遊んでもらいたくてたまらないようで、
私の言うことは全く聞いてくれませんが、私だけだとこれくらいは聞いてくれます。


兎にも角にも、これからも仲良くしていこうと思います。


ランキング参加してみた。1日1クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ人気ブログランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 財布
ペットホテル 若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 財布
2013/07/03 19:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
初めてメッセを書かせていただきます。
私は「ピノちゃん」は手放してはダメだと思います。
ペコポコさんの家族の一員だからです。
軽々しく「手放せば?」というのは本当にその子のことを考えてはいないと思います。
浅はかな「なんかかわいそー」って言っているだけだと思います。
お仕事大変だと思いますが、お体を大切に。
さーちん
2013/02/12 13:30
ポコさん、こんばんは。
ピノちゃんはペコさんポコさん家の大切な家族です。
ずっと一緒なのが当然のことだと思いますし、
ポコさんにとりましてもピノちゃんにとっても
一番の幸せだと思います。

私は猫を飼ってましたが、最後まで一緒にいられたこと、色々な意味におきまして、本当に幸せだったと思います。感謝しています。

ポコさんとピノちゃんにしか分からない家族愛といいますか、あると思うんですね。
ポコさんは時間があるときにいっぱい愛情を注がれているので、ピノちゃんは幸せだと思います。

ピノちゃんの写真、本当に可愛いです。
瞳がピカピカしてますね(*´ー`)
ユウ
2013/02/13 01:53
お仕事お疲れ様です。
ピノちゃん切ないですね〜。お家が好きということはポコさんの愛情が伝わっているからだと思います。預けられるときは寂しいと思いますが、動物は「今」を生きているから私たち人間よりずっと強い。ペコさんの面影の残るお家で大好きなポコさんを待っているのは子供と一緒。ピノちゃんとの生活、楽しんでください。どちらも充分幸せだと思うから。。。
ミミ
2013/02/13 08:06
ポコさん毎日お疲れ様です。北海道を飛び回って大変ですね。

ピノちゃん写真嬉しいです、今日も可愛いですね♪

函館の名医の獣医さんのお話です。

都合悪くなると簡単にペットを手放す人がいるけど、自分の子供だったら何があっても一緒にいようとするでしょう。
飼った時からあなたはその子の親です、その子は家族の一員。
だから、何があっても最後まで責任を持って育てて欲しい。

ピノちゃんにとって、ポコさんとペコちゃんはパパとママ。
ピノちゃんはもう家族の一員(*^^*)
ピノちゃんがクンクン鳴くのはポコさんが大好きな証拠!

ですから、ポコさんがピノちゃんと一緒にいたいのなら、手放す必要はないと思いますよ(*^^*)

無理せず頑張って下さいね!
うさうさ
2013/02/14 01:07
続きです。
もう一度ブログを読みました。

すいません、ピノちゃんを飼い続けて良いのか悩んでると勘違いしてました(^^;

ポコさんは、ピノちゃんを最後まで育てる覚悟をしているんですね(*^^*)

函館の獣医さんと同じ考えで嬉しいです。

ピノちゃんもポコさんと一緒が一番幸せだと思います。
うさうさ
2013/02/14 01:23
こんばんわ。ポコさんのペコさんへの愛に溢れているブログを読むとペコさんのブログを懐かしく思うとともに、切なく思います。ですがピノちゃんに関しては全く心配することはないと思います。
外犬の場合、朝晩の散歩以外小屋に繋がれたままですし、接する時間が少なくてもしっかり愛情感じてると思いますよ。
kurisu
2013/02/15 23:02
ポコさん、いつも忙しい中、更新有り難うございます。ピノちゃんを預けに行く時に悲しい声をだされるのは切ないですね…でもペコちゃんも気に入ってむかえた、大事な家族の一員!いつまでも大切に、う〜んと可愛いがっているのをペコちゃんも見て喜んでいるでしょう。私はインコを飼ってますが、とても悩みました。私が癌を患ってるから、もしかしたらインコより先に…って。私は1人暮らし。仕事で朝6時半に家を出て帰りも遅い。なのでインコは幸せなのかな…と考える事がありますょ〜アニマルコミュニティケーター?動物の心が読める人に、聞いてみたい程です。 稚内、一度だけ、ツアーで行った事があります。ホタテが美味しかったな〜
奈美
2013/02/21 15:54
はじめまして。
2月に乳がんを宣告されて、ブログを見始めましたら、ペコさんのブログにたどり着きました。
ペコさんはもういらっしゃらないのですね。
とても残念ですが、ピノちゃんを手放すことはやめてください。
私もワンがいます。
私がもし、いなくなった時、夫がうちの子を手放したら恨みます。
可愛がれる時、一生懸命かわいがってあげればいいんです。
ピノちゃんだって、ポコさんが大好きだからなくのです。
精一杯、かわいがってあげてください。
らんらん
2013/03/20 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記



若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記
私の単行本です!!
ぜひ読んでくださいね♪

ウェブリブログおすすめ

BIGLOBEウェブリブログの
おすすめブログに紹介されました!→記事はこちら
ペットホテル 若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる