若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 風邪をひき・・・ますた

<<   作成日時 : 2009/02/09 00:46   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 17

はい、もうすっかり風邪気味です。
風邪気味っていうか、既に風邪ひきさんの域に達してます。
あさって治療なのに・・・_| ̄|○ il||li


今週末、横浜から父が遊びに来ていたんです。
で、雪まつりを見に行ったり、一緒に食事に行ったり、
いろいろしていたんです。

で、定山渓温泉にも行ってきたんです。
金曜日の夜だったので、ポコちゃんは日中お仕事で、
それが終わったら、私と父と温泉で合流する予定でした。

ホテルは前日の夜にオンライン予約したので、
ホテルでの食事の手配が間に合わず、
仕方なしに、温泉街の小さな居酒屋?に行ったんですけど・・・。

まず、行ったら誰も客がいないんです。
で、客席にマスターが寝転がっていて。

こ、これは嫌な予感がする・・・(;・∀・)

と思っていたら、そこのマスターが物凄い風邪ひきさんで、
鼻水ずるずる(物凄いズルズル)、
それなのに、マスクもせずに厨房に立っていまして、
奥さんも、料理のお皿を持ったままくしゃみをしまくる始末で・・・。

要するに、マスターが横になっていたのは、
閑古鳥が鳴いているというよりも、体がつらくて寝ていたようです。。
インフルエンザかもと思うぐらい酷い有様でした。

もう、絶対うつるだろうな〜この風邪って思いました。
私はとにかく、風邪をうつされたくないから、早く店を出たいって思ってたんです。

だって、去年この時期に風邪をひいて、
そのまま肺炎になって、寝込みましたし・・・。

つい先日も、おばちゃんが肺炎になって、
体力の落ちた後、抗がん剤治療をして、
お亡くなりになってしまったばっかりですから。
同じことが私に起こらないとは限らないわけです。

風邪が原因で治療が延期になってしまうと、
また心臓に水が溜まったり、肺に水が溜まる可能性もあります。
特に心臓の水は、即、命に関わる事態なんです。
それは何度も説明したはずなんです。。

私の場合、抗がん剤の副作用で、白血球(=免疫力)が
他の人より少なくて、風邪をひきやすいんです。

でも、何せ他の客がいないから、
直接そのことをお店の人に聞かれずに父に説明をするのが難しくて。

こちらに向かっている途中のポコちゃんにメールを打ってもらったり、
それとなく父に「風邪をひいたら肺炎になる」って言ってるのに
全然気づいてくれなくて、次から次へと注文をしてしまうんです・・・。

私は口をつけていないんだから、気づくかなと思ったんですけど
それがもう全然気づいてくれません(;´∀`)
とにかくもう、お店を出たくて出たくて仕方がありませんでした。

ポコちゃんが到着したところで、2人でお店を変えようと
父に訴えたのですが・・・。

そうしたら「焼きそば2人前!」と
ダメ押しの新規注文をなさいました・・・_| ̄|○ il||li

私は一口も口にしませんでしたよ〜。


店を出てから、「あの人酷い鼻水だったから早く店を出たかった」
と父に伝えると、
「えっそうなの? 全然気づかなかった」
ですって・・・_| ̄|○ il||li

メールも見せて、父に伝えたのに全然伝わっていませんでした。


それで、案の定、私だけ風邪がうつりました_| ̄|○ il||li


父は全然、私の病気のことを理解してくれていないんですよ〜。

たかが風邪でも、それが命取りになるから、
外出時にマスクをしてまで、体調を管理しているというのに・・・。

それに、前回見舞いに来てくれたときも、
先生からかなり厳しい病状の説明を受けているにもかかわらず、
今回は私に、
もういい加減、早く乳がん治しちまえよ!
と、のたまいました(;´∀`)

ぜーんぜん、わかってないんですね・・・。

今回も、何度も何度も
「こないだは本当に死にそうだった」
「余命半年以内と言われてからもう2ヶ月経った
(要するに、あと残り4ヶ月以内と一度は先生に言われた)」
と、ポコちゃんと一緒に言って聞かせているのですけど、
全然、理解してくれないんですよね・・・。

むしろ、理解していないというより、
理解しようとしていないというほうが正しいのかもしれません。

「がんが肺に転移して、一時期は水が溜まって大変だった」
「去年風邪をひいて肺炎になって、水も溜まったりして呼吸が苦しい」

って言ってるのに、
車に乗って、この寒い中窓を開けて、断りもなくたばこを吸うんですね・・・。
窓を開けても煙は中に入ってきますよ。

だからと言って、窓閉めたまま吸ってもいいのかというと、そういう意味ではなく、
「なぜそんな短い時間もたばこを我慢できないのか?」
ということが信じられないんです。
うちにいる間も、平気で室内でたばこ吸ってますし・・・(灰皿ないのにw)。

それが、がんという病気のことを全然知らないなら仕方ないんですけど、
母ががんで他界してから、まだそんなに時間も経っていないのに、
未だに理解していないというのがわからないんです・・・。


いくら年配の男の人だからって、父親だからって、
これで私の命が脅かされるようでしたら仕方がないので、
次回からどこかホテルに泊まっていただこうかと思う今日この頃です・・・。


ともかく、風邪をひいてしまったのはもう仕方がないので、
とにかく無事に治療が受けられるよう、祈るのみです_| ̄|○ il||li


ランキング参加してみた。1日1クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ人気ブログランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
ペコさん、大事な親御さんとはいえ困りますね。私も似たようなことがありました。。。
早く風邪が治りますように、祈ってます!!
もも
2009/02/09 01:17
ペコさん、こんばんは☆
風邪はいかがですか。。大丈夫ですか。。
やはりひいてしまうと、すぐに治すのは難しいので、風邪気味で終わっていただきです〜。そして明後日の治療がご無理にならないと良いですね☆

お父様、お元気そうで何よりです!!
ペコさんとお出かけをされてとってもお喜びになられたでしょうねo(^−^)o
私の父も母が病気になってからもモクモクたばこ吸っていましたよぉ。。。(*T^T)

本当に一日も早く風邪がよくなられますように!!お祈りしています☆お大事になさってください☆
(^−^)/☆
ユウ
2009/02/09 03:24
大変何ですね…タバコの煙もいけないんですか?まだ未成年なので解らないんですよね…

2009/02/09 07:31
定山渓温泉せっかくの怩セいなしでちょっとイラつく気持ちわかります!平気でくしゃみかけてくる人いますよね。私はにらみます!生姜湯なんかいいですよ。定山渓温泉よく泊りにいきました!雪まつりはすごい人ですよね!懐かしいな。暖かくしてお大事に。
たこやき
2009/02/09 08:40
暖かくして家事放棄でダラダラしましょうね。
がん患者は一見何もないように見える。
入院荷物持って一人でタクシーで病院に行ったとき
どなたの付き添いですか?と運転手に聞かれたよ。
らりこ
2009/02/09 09:55
と、とうちゃん…娘の風邪は一大事なんだけどなあ。変に気を使われるのも嫌なものですが「普通に」気を使って欲しいですよね…(苦笑)
でもそんなお父さんを客観的に見つめるペコさんを尊敬します。
いずれにしてもペコさんは治療も控えてらっしゃいますし、早く風邪が治るように祈ってます。暖かくして休んでくださいね。
ぴょんきち
2009/02/09 10:35
お、お父様・・見事なKYっぷりですね^^;
そのお店もそんな状態で開けてるほうが
おかしいですねヽ(`Д´)ノ
ペコさんの風邪が早く治りますように、
祈ってます。
さとみ
2009/02/09 11:18
ほんとに、悪気はないだけに余計イライラするって
ありますよね
言われた事は守るけど、自分では何をどうしたらいいか、気が回らないという感じでしょうか。
気を使われすぎるのも面倒ですが、使われなさすぎなのも厄介ですね
とにかく、ひいてしまわれたのは仕方ないですから、
一刻も早く治られますように
mie
2009/02/09 12:03
ぅ〜ん…



困ったパパちゃんですね…(=_=;)



そのお店も客商売なんだから少し考えてほすぃですねぇ〜(;-_-;)




温かくして早く良くなりますように(>人<)
ぶうぶう
2009/02/09 12:13
今すぐ死んじゃうみたいな、(失礼!)腫れ物に触るような態度もどうかと思うけど、あまりに配慮に欠ける言動というのも困りものですよね。
それが身内となれば尚のこと。

でも、親御さんて、代われるものなら代わってやりたいと思う一方で、信じたくない、認めたくないというのもあるみたいですから。

私の母も、根拠もなく私の乳ガンは誤診だと頑なに言い張り、ホルモン剤治療を続けていることを無駄だと断言しています。だけど、そんなのいちいち相手にしてられません。

心意気だけではどうにもならないものもあるのにねえ。

風邪、早く良くなりますように。
手首襟首足首冷やさぬように、温かい汁物、根菜、フルーツ食べて、お大事になさって下さい。
お寅
2009/02/09 13:52
奥様を卵巣癌で亡くされ、30代と若い娘が乳癌に侵されている方にしては珍しいケースかもしれません。

一般的には、病気に対してもう少し理解があるというか煙草の件でも気を遣うとかありそうですが・・・

癌に限らないですが、病気というのは実際に自分がなってみないと苦しさ・辛さが分からない人の方が多いんだと思います。

人間を変えようと思っても無理な場合が多いので、お父様はこういう人間なんだと達観し接する事が望ましいのではと感じられました。
玖未子
2009/02/09 17:11
はじめまして。はじめてコメントいたします。
私は、両親を肺がんで亡くしたばかりです。それ以来、煙草に対して異常ともいえる嫌悪感を感じております。もし、煙草を吸う方と会うときは禁煙席を選びますし、相手にも我慢してもらうように頼みます。それを了解してくれない人とは会いません。
しかし、相手が親となるとそうはいかないのが大変ですね。やはり、喫煙はがんの誘因であることを口酸っぱく言わねばならないのかもしれませんね。お父上の健康の為にも・・・
何が大切なのか、自分自身も優先順位を付けてしまうのは悲しいのですが、そうでもしないと自分自身を守れません。悲しいことですが、事実です。
どうかどうか、ペコさんのがんが進行しませんように祈るだけです。
いつもブログを見ています。
ヤンニ
2009/02/09 21:03
お父さんもひどいが、もっと自分の身は自分で守らねば。
何もかも人のせいばかりではないかと。
ぱり
2009/02/09 23:46
う〜ん。お父さんのことはともかく、店に入って風邪引きの店主に気づいた段階で「ごめんなさい」で店を出ましょう!気遣いも大事ですが、それ以上に自分の命を守ることを最優先です。
まこと
2009/02/10 00:37
店に入って
「あっ、外した!」と思ったときは
「忘れ物した!」とあたふたとして
そそくさと店を出ましょう。
嘘も方便、ですよ。

しかしなぁ・・・人の親ですが
軽ーく、殺意を覚えましたよ。
私がポコちゃんなら、殴ってますた。
やえ
2009/02/10 08:57
お父さま、愛する家族の病気に悩んで現実逃避してるのかな? なんだかお父様も心配になちゃいました。
お父さまより長く生きるんだよ、ぺこさん! 
こんさど
2009/02/10 13:27
こんにちは
いつも ハラハラしながら読ませていただいております

困る事は バンバン排除していくべし!と思いますよ
だって もしこれで万が一の事があったら
ポコさんがお気の毒だと思うんです
「自分がもっと強く言っておけば・・・」とか
「実父でも ホテルに泊まってもらうんだった」とかね

この状況で これだけ理解不能な行動をとるのですから(他人の父親に・・・申し訳ありません)
お父さんに理解を求めるのは ペコさん夫婦のストレスになるだけだと思います
ペコさんは 自分が一番安全な方法を選ぶ権利がありますよ たとえ相手が親だとしても!

ただ お父さんも 奥様や娘さんが同じような病気になったショックは大きいはずですから
ペコさんの身を思いっきり守りながらも
冷たい言葉はかけないでくださいね
さつき
2009/02/10 14:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記



若年性乳がんになっちゃった!ペコの闘病日記
私の単行本です!!
ぜひ読んでくださいね♪

ウェブリブログおすすめ

BIGLOBEウェブリブログの
おすすめブログに紹介されました!→記事はこちら
風邪をひき・・・ますた 若年性乳がんになっちゃった! ペコの闘病日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる